スマートフォンや携帯電話を購入し、故障や破損のほか紛失や盗難に遭遇した場合、ある程度の保証を受けることができます。
ただしキャリアや機種によって料金や保証内容が異なり、各キャリアの保証はこんな感じです。
ドコモの場合は、「ケータイ補償サービス」がこれに該当します。
iOS端末以外に適用できるものは、docomo with対象機種のうち2017年冬モデル以降のタイプやspモードケータイが月額330円、スマートフォンやタブレットで2014年冬モデル以降の製品が月額500円、それ以外の製品が月額380円です。
補償内容は全損の場合が5000円から8000円の範囲でユーザーが負担すると、リフレッシュ品の電話機を受け取ることができます。

修理が必要となった場合、補償の対象となれば無料、故障の原因がユーザーにあるなど補償対象外の場合は、最大5000円を上限として補助を受けることができ、足りない分はユーザー負担となります。

iOS端末限定のケータイ補償サービスは、月額料金が500円から750円となり、全損等の場合は最大7500円かもしくは11000円の補助を受けることが可能ですが、足りない分がユーザー負担となるのは同様です。

auはかつては全ての携帯電話に適用できる「安心ケータイサポートプラス」がありましたが、現在はiOS端末だけに対応する「auスマートパスプレミアム修理代金サポート」があります。全損や修理が発生した場合、iPhoneは最大10000円の修理代金を補助するもので、iPadは最大4400円に設定されています。

ソフトバンクは一般のスマートフォンや携帯電話が「あんしん保証パック」、Apple端末が「あんしん保証パック(i)プラス」もしくは「あんしん保証パックwith AppleCare Services」となります。月額料金は一般の端末が300円から650円、iOS端末が650円から1160円となっており、保証内容はドコモやauと若干異なります。
iphone修理 京都